2007年09月26日

ぶどう狩り&バーベキュー

 9月16日。富山市の山藤ぶどう園でぶどう狩りと、
バーベキューを楽しんできました。
 参加者は思った以上に多く15人でした。
 ワインの試飲やワイン工場の見学などサプライズもあり、
楽しい1日を過ごすことができました。

View image
View image

投稿者 hamano : 00:20 | コメント (0)

2007年02月06日

新年会&ボウリング大会

 1月28日11人の参加で新年会&ボウリング大会開催!
 ボウリング大会の今年の優勝賞品は、
韓国エステあかすりツアーと豪華トロフィー!
 隣のレーンに投げ込んだりもしましたが、
みんなかなりのハイスコアーでした。
 新年会はミラノ食堂ペペビアンキで、
おいしいワインとイタリアンで盛り上がりました。

View image

投稿者 hamano : 00:16 | コメント (0)

2006年12月19日

乗馬体験

 11月12日富山乗馬クラブで乗馬体験を行いました。
 9人の参加で初めて馬に乗る人もいましたが、
誰も落馬することなく、楽しく終了しました。
 皆さん上達が早く後半には様になってきていました。
 乗馬の後で先生からいろいろと馬についての、
面白いお話も伺い、帰りのバス時間を忘れるほどでした。
 馬とのふれあいもでき、なかなか良い1日でした。

View image
View image

投稿者 hamano : 22:36 | コメント (0)

2006年05月28日

近代美術館 アートツアー

 5月27日(土)近代美術館アートツアーを行いました。「とーくる」の呼びかけで参加者は約40名と大きな集まりになりました。
 6~7人のグループに別れ晴眼者と視覚障害者が一緒に館内をまわりました。すべての作品をじっくり見ることは時間的に出来ませんでしたが、その分1つずつの作品をじっくり鑑賞することが出来ました。
 僕は個人的には特に美術に関心が高かったわけでもなく、どんなことになるのか少々不安もありましたが、実際にはじまってみると熱中して、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
 晴眼の方とグループでまわる事で絵画の細かい部分の説明もして頂きましたが、それよりも目の前の絵画をテーマにしてのいろいろな会話がとても楽しかったです。
 言葉ではなかなか説明しずらいのですが、作品の感じ方が人によって違い、そんなことを話しているだけでも楽しいのですし、そこから更に話が脱線したりして、今日初めて会った人達とは思えない親近感も持てました。
 僕にとって美術館は縁のない敷居の高い場所だと思っていましたが、今回の経験からやり方次第では我々にも十分楽しめるところだとわかりました。
 皆さんも県立近代美術館に行ってみられてはいかがでしょうか?僕は「肘掛け椅子の女」って絵がとても好きです。

投稿者 hamano : 23:01 | コメント (1)

2006年02月21日

北信越ブロック大会

福井県の三国観光ホテルで日盲連北信越ブロック大会に参加してきました。
北信越の青年部協議会で地方提出議題を検討し、
地上波デジタル放送での視覚障害者用の音声放送を行うよう法整備を進めてほしい。としました。
その後、行われた懇親会にも参加して北信越地方の仲間達と楽しい時間を過ごしてきました。
今回は富山からは青年部員は3名の参加でしたが、
来年の石川大会では更に多くの仲間と参加したいと思います。

View image
View image

投稿者 hamano : 21:29 | コメント (0)

2005年12月12日

食べ歩き&ボーリング大会

11月27日(日)
食べ歩き&ボーリング大会が行われました。
参加者は全部で19人。
青年部リスタート以来最大の人数です。
氷見で魚や地ビール、射水で自家焙煎コーヒーと、
飲んで食べての時間を過ごしました。

その後のボーリング大会では、
第1位の賞品、温泉旅行2泊3日(中身は温泉の素)を
目指して皆さんハンディキャップやバンパーをいかしたり、
腕力に物を言わせたりしながら実力を発揮していました。
優勝はハンディなしで304点を出した男性でした。

皆さんお疲れ様でした。

投稿者 hamano : 22:30 | コメント (0)

2005年11月14日

ゴールボール講習会

11月13日に富山県立盲学校体育館で行われた、
ゴールボール出前講習会の報告です。
参加者は13人。男性10人、女性3人でした。
講師の先生は、
男子代表ヘッドコーチ:水野慎二先生
男子代表チームキャプテン:市川喬一先生
日本ゴールボール協会副会長:西村秀樹先生
楽しい1日でした。
以下の詳細もご覧ください。

午前中はゴールボールのルールや基本的な動きを練習し、
午後からはミニゲームを行いました。
参加者は僕を含め、常に真剣にプレーしているのですが、
何分、素人集団ですから珍プレーの連続。
あさっての方向に投げたり、
後頭部にボールぶつけたり。
そんな中でも皆それぞれに楽しんでいました。
今日(11月14日)は、
そのツケが全身の筋肉を襲っています。
ゴールボール 0061.JPG
ゴールボール 0091.JPG
ゴールボール 0141.JPG

投稿者 hamano : 23:10 | コメント (0)

2005年10月17日

2005年度後期集会

2005年度の前期の振り返りと後期の行事予定を話し合いました。
後期の行事予定は
11月13日 ゴールボール講習会
11月27日 県内食べ歩きツアー
その他  富山駅周辺飲食店の拡大・点字メニュー作成
です。
多くの皆さんの参加とご協力を心からお待ちしています。

投稿者 hamano : 23:05 | コメント (0)

2005年01月16日

ナイフとフォークを使ったテーブルマナー

サンマルク富山太郎丸店にて、テーブルマナー講習会を行いました。そのときの資料「ナイフとフォークを使ったテーブルマナー」の資料を掲載しました。


富山県視覚障害者協会青年部
テーブルマナー講習会
2005.1.16 濱野 昌幸

初めに

 結婚式、パーティー、デートなどナイフ・フォークを使って食事をする機会は避けては通れないことでしょう。そんな時に、スマートでクールに決めることができるか、あなたの未来を左右するかもしれませんよ。

 障害者だからこそスマートでクールに決めることが重要だとは思いませんか。

1、 お店選び

どんなお店で食事するかは何が目的で食事をするのかによって変わります。お店にとってもいろいろな自慢があります。味、雰囲気、サービス、価格など自分がそこでどんな時間を過ごしたいのかを考えてお店を選んでください。もしそれが大切な食事なら下見をすることもお勧めです。

2、 入店

まず、入り口でスタッフから案内されるテーブルへ移動します。クロークのあるお店ではコートや大きな荷物を預けます。カジュアルなお店では自分の椅子の下や空いている席に置きます。椅子に引っ掛けたりしないでください。

3、 着席

椅子の左側に立ちスタッフが椅子を引いてくれたら椅子の前へ移動します。スタッフが椅子を前へ出し、膝の後ろに椅子が接触したら着席します。着席したらおなかとテーブルの間をこぶし2個分空けてください。

4、 オーダー

 メニューを見て食べたいものを頼めばよいのですが、いくつか注意点があります。

5、 ナイフ・フォークマナー

  1. ナイフ・フォークは外側から使います。
  2. フォークで刺した物は一口で食べる。
  3. 食べ物を口に運ぶ時以外、ナイフ・フォークを上に向けない。
  4. 食事中の合図は八の字。
  5. 食事終了の合図は右にそろえる。

6、 ナプキンマナー

  1. 二つ折りにして膝に広げる。
  2. 口と指以外は拭かない。
  3. 食事中断の際は椅子の上に置く。
  4. 食事終了の際は軽くたたみテーブルの上に置く。

7、 ワイン

  1. ワイン選びはソムリエに任せても良いが、予算は口頭では伝えない方が良い。
  2. 注がれる際にグラスに手は触れない。
  3. 注いでまわったりしない。注ぐのは隣の人くらい。女性からは注がない。
  4. ワイングラスは足の部分を持つ。
  5. 乾杯ではグラスを目線まで上げる程度。カチンはしない。
  6. テイスティングはしても良いが、ワインを交換することはできない。

8、 前菜

前菜は小さくて不安定な料理が多いので特に慎重に食べることが要求されます。いろいろ食べてみて得意料理を見つけておくのも良いでしょう。

9、 スープ

最も安心して食べられると思います。
ブリティッシュとフレンチスタイルがありますが、特に難しくはありません。
音を立てずに姿勢よく食べましょう。

10、 魚料理

問題は骨ですよね。高級店では、はずしてありますが、稀に残っていることもあります。ナプキンで口から出し、皿の目立たないところに置きましょう。

魚の片身を食べ終えてからひっくり返してはいけません。

11、 肉料理

全部カットしてから食べるのはクールじゃありません。一口サイズにカットしてから食べてください。付け合せも同様です。

12、 パン

パンはいつでももらえるので一度にたくさん取らないことです。一口サイズにちぎってからバターを塗って食べてください。パンを口に入れる際は反対側の手にパンを持っていないようにしてください。

13、 デザート・コーヒー

ケーキ、果物などいろいろな種類はありますが、これも前菜同様なかなかの強敵です。

コーヒーを飲む際はスプーンを皿の向こう側に置きます。
砂糖をすくう際はスプーンを沈めるようにします。それがエレガントです。

おわりに

 コチコチのルールに縛られたら食事もまずくなってしまう。

 でもマナーはルールではありません。

 コミュニケーションを円滑にするための心配りです。

 相手が気持ちよく過ごせるよう、お互いの気遣いを示すものと考えてください。

 実践してみれば「なんだ、こんなことか」と思えるほどシンプル。

 それに食事をおいしく頂くために一番、理にかなったやり方でもあるのです。

 どんな時でもドキドキしないで、堂々と美しく振舞って、おいしく楽しくいただきましょう。


投稿者 Dream : 17:00 | コメント (1) | トラックバック